本文へスキップ

庭でごみの処分ができる家庭用焼却炉は便利なアイテムです。

『環境対策・進化している家庭用焼却炉』は、焼却炉について 詳しくない人にもわかりやすく、 購入先や正しい使用方法、ダイオキシン対策など 焼却炉に関するあらゆる情報を紹介します。

家庭用焼却炉

昔は家庭で出たゴミは自分で燃やすという考え方があり、そのような風景も よく見られました。 そこでは家庭用焼却炉を使っている場面を見ることもありました。 家庭用焼却炉はホームセンターでも販売されていてとても人気があったのですが、 家庭で出るゴミを燃やす際にはゴミの中にプラスチックや食品トレイが 入っていていたり、焼却温度が低いとダイオキシンなど有害物質が発生してしまう こともあるため、法律で利用に制限が出来たせいもあり最近ではあまり姿を 見かけなくなりました。


家庭用焼却炉の購入

昔はホームセンターでも家庭用焼却炉は扱われていましたが、 最近ではあまりホームセンターで売られてはいません。 新型の家庭用焼却炉を扱っているホームセンターもあるかもしれませんが、 基本的にはどのホームセンターに行っても販売されていないでしょう。 利用規制や法律によって販売を推奨しない流れになってきたのか、 世の中の流れに押される形でほとんどのホームセンターで扱われることが なくなった家庭用焼却炉です。 1次焼却室で書類や枝などを燃やし、上に被せた2次焼却室で煙や燃えかすを 高温燃焼させることで煙や臭いを抑えた最近の新しい家庭用焼却炉は、 どこで購入すればよいのでしょうか。


家庭用焼却炉の注意点

ダイオキシンも分解するほどの高熱でゴミを焼却し、煙や臭いもほとんど出ない 家庭用焼却炉ですが、ビニール類やプラスチック、食品トレイなどダイオキシンが 発生するものを燃やすために使うのは避けましょう。 生ゴミや落ち葉、剪定枝などを燃やしたり、個人情報が記載されていてゴミ収集 に任せるのが不安な書類を燃やすために使うべきです。 また隣人に不安を与えるような住宅街での使用も気を使うべきでしょう。


熱分解ガス化灰溶融

熱分解ガス化灰溶融はダイオキシン対策という点でも、 大型炉法規制値以下にすることが容易にできます。 発電端効率も非常に高く、普通の焼却炉は発電端効率約15%に対して、 熱分解ガス化方式では約25%になります。 また外部エネルギーを使わずに溶融スラグ化するためのごみ発熱量は、 ごみ1kg当たり約2,000キロカロリーです。 熱分解ガス化灰溶融炉においてはカロリーの高い廃プラスチックほど 好ましいごみになるということで、もしごみのカロリーが足りない時には 廃プラスチックを混入することで、お金をかけずに効果的に灰溶融ができるのです。


バナースペース